先輩インタビュー

自慢できる同僚とともに

営業職に絞っての就活

就活の際は営業の仕事がやりたいという想いで、業種に関わらず様々な会社を検討しました。新興サービスには大学OBが数多くいたことから先輩のお話を聞く機会も多く、そんな中で縁があり入社した形です。
現在は物流倉庫システムの開発・管理をメイン業務としているお客様の担当営業をしているのですが、働きはじめる以前に抱いていた、飛び込みや新規開拓を行う“営業”のイメージとはずいぶん異なるものがありましたね。思っていた以上にお客様と親密になることができますし、長い期間担当することでより細やかな要望にも対応できるようになります。先方のご担当者様と雑談交じりにコミュニケーションを取りながら、日々案件を進めていくのが楽しい毎日です。

1人の営業マンとして

社内の先輩には、1社のお客様を20年以上担当されている方もいます。機器の仕様変更などが頻繁にある中で、専門的な知識を頭に入れながら長期間担当できるというのは、お客様からの信頼の証。自分もそうなれるよう、1人の営業マンとして成長していきたいと思っています。
最近感じているのは、時事ネタであったり趣味であったり、仕事に直接関係のない知識も営業マンにとっては非常に重要だということ。営業先を回る中で見つけた新しいお店やスポットにプライベートで顔を出してみたり、各種メディアから情報を収集したりと、話題に事欠かないよう自身のスキルアップに努めています。

日々感じる“人間力”の高さ

新興サービスへ入って良かったと思う点は多々あるのですが、一番は働く社員の“人間力”の高さ。サーバの移設など、地方へ現場監督として赴くことがあるのですが、どの支店へ行っても明るい対応で、「この人たちと一緒に働けてよかった」と思います。優秀な人材が社内に多くいるというのは、自慢できるポイントではないでしょうか。
直属の上司もとても尊敬できる優しい方なので、営業マンとして、人としての指針をいただく度にありがたいことだと感じています。人に恵まれながら楽しく働けているのは、現在の私にとって非常に大きいポイントですね。

新興サービスに向いている方

お客様相手の仕事なので、コミュニケーション能力が必要とされるのはもちろんですが、何事にも前向きな考え方を持って取り組める方は、当社でも活躍できるのではないでしょうか。例えば、お客様の要望に即応できなかったとしても、前向きに解決への糸口を探っていく。今の自分にはできなくても、大変な状況が発生したら周りに相談しながら対応していくといったことが往々にして必要になってくると思います。
個人的にも今は年上の先輩が多い環境なので、人とコミュニケーションを取ることが好きな同年代の方には多く入社してほしいと思っています。新興サービスに興味のある方は、是非一度コンタクトを取ってみていただきたいですね。

「やりがい」を共有できる会社です

「やりたいことができる」と思った

専門学校でネットワーク構築、システム開発を専攻していたため、ITに関わる仕事をしたいと考えていました。そんな時、新興サービスの企業説明会に参加。ICTソリューション、福祉、介護など、幅広い分野に取り組んでいるところに魅力を感じ、「この会社なら自分のやりたいことができるかもしれない」と思い、入社しました。研修後はネットワーク構築をメインに、営業さんが持ってきた案件に対応しています。

ネットワーク構築で、お客様とつながる

お客様から「こういったネットワークにしたい」といった要望を受け、自社とお客様とで調整しながら案件を進めていきます。大学・県庁・官公庁系など、大きな仕事を担当するのでプレッシャーもありますが、やりがいは大きいです。
当然ながら、ほとんどの案件には納期が定められています。想定通りに進まない時はお客様との調整が大変ですが、反対にうまくいった時にはとてもうれしくなります。成功したら素直に喜んで、もし失敗してもフォローしてくれる先輩方がいるので、常に前向きに挑戦できます。

仕事もプライベートも全力で楽しむ

プライベートに楽しみを作ることで、仕事へのモチベーションを高めています。遊びも仕事も本気で取り組むことが、常に高い意欲を保つことにつながるのではないでしょうか。
新興サービスは全国に支店があるので、地方出身の方でも地元で働ける可能性があるのが魅力の一つです。私も地元勤務なので、休日にはよく学生時代の友人と集まっています。地元の友人だと気を遣うこともないし、社会人としての成長を互いに確かめ合えるため、刺激にもなります。

やりたいことが見つけられる環境

就活中の皆さん、好きなことはありますか?人と話すことが好きな人、機械をいじるのが好きな人、専門的知識を学ぶことが好きな人。皆さん、新興サービスに向いていると思います。
当社には様々な仕事があるため、現段階でやりたいことが見つかっていない人や、上記に当てはまらない人でも、きっと充実した社会人生活を送ることができるはずです。
かくいう私も、初めての配属先で保守業務を行った時は仕事の楽しみがわかりませんでした。しかし、お客様の機器を修理して感謝されたことで、だんだん仕事のやりがいを実感できるようになってきました。是非一緒に、新興サービスで働いて、この「やりがい」を共有しましょう!

保守の仕事は、品質を“保”つこと、信頼を“守”ること

医療現場を支えるために

大学で専攻していた福祉・医療に関われる仕事に就きたかったため、医療関連の保守業務を行う新興サービスに魅力を感じました。現在は医療用レセプトコンピュータの保守員として、神奈川県全域の病院・クリニックを回っています。
レセプトコンピュータは、お医者様のレセプト(診療報酬明細書)の提出や受付、診察、会計など普段の業務の効率化には欠かせない設備ですので、与えられた役割の大きさは言うまでもありません。

“保守”とは?

“保守”という言葉を聞いて、具体的なイメージが沸く人は多くないかもしれません。私の場合、主に医療電子カルテシステムの定期点検・障害対応を行っています。緊急度やお客様のスケジュールを考慮して診療前・お昼休み・診療後と、1日に5件ほど訪問。レセプトコンピュータが故障すると業務に大きな支障が出るため、日頃から品質維持と安定稼働を意識して点検に取り組みます。
故障が発生してしまった際はお客様のご都合に合わせて伺うため、ある意味24時間体制です。時に辛く感じることもありますが、迅速に機器を復旧させた時、お客様から感謝の言葉をいただけると、それまでの苦労が一瞬で吹き飛びます。

充実の社内教育制度

入社してから驚いたのは、社内教育の手厚さ。新興サービスの仕事は営業、ネットワーク構築、保守点検など様々です。それゆえに職種に合わせて、より実際の業務に即した研修を受けることができます。
私は保守員として入社したので、病院・クリニックを訪問するにあたっての挨拶の仕方をはじめ、PC障害復旧の技術といった実践的な内容も学びました。半年にわたる研修のおかげで、最初から自信を持って現場に出ることができました。今後は学んだスキルをさらに研鑽し、信頼されるサービスマンを目指すとともに、お客様がより効率的に業務を行えるよう、機器の改善提案をしていきたいです。

仕事において大切なもの

仕事において、私は前向きに取り組む姿勢を大切にしています。最初のうちは失敗するのが当たり前。できなかったことから学び、「次こそはやってやる!」という気持ちで挑戦し続ければ、必ず力は身に付きます。
それを実現するために、会社も充実した社内教育でバックアップしてくれます。やる気のある方であれば、活躍できる場が用意されているのが新興サービスです。熱意を持った方が入社してくるのをお待ちしております。

お問い合わせ